誰もが可能性を信じられる未来を創る

CMO・CTOキャリア形成学習プログラム

将来、事業を統括していくキーパーソンとして活躍されたいエンジニアやデザイナーの方、IT企業のテクノロジー人材育成をされたい方、ぜひプログラムをお試しください

エンジニア・テクノロジー人材のキャリア構築 -CMOやCTOが必要とされるのはなぜか

日本には、デザインやコーディングができる専門技のあるかたはおりますが、事業視点や経営者視点でプロダクトや商品サービスを考ることができ、周囲をモチベートしながら行動できるテクノロジー人材は、非常に少ないのが現状です。

企業の需要と人材の供給がマッチしていないため、転職市場でも、採用が困難な人材領域であります。逆にいえば、そういう能力をキャリアとして身に着ければ、事業組織において戦力として歓迎されるでしょう。IT企業の代表格である、GAFA(Google/Amazon/Facebook/Apple)や外資の企業には、CMOやCTOというポジションがあり重要な事業戦略を担っています。ただ、それには、長きにわたってその専門分野で培われた経験・知識が必要になってきますので、活躍中心世代は、40代だというデータがあります(※ブルームバーグ、リンクトインより参照)。それらの人材の成長を如何にうながし、育成し、事業に補填していくかが課題でもあります。

エンジニアには、大枠、3つの“Cレベルキャリアゴール”が存在(CEO抜かしてのC職)しております。そして、様々なC職務のケースが存在しており、こうであるという一義的な定義はないものの、大枠、以下のように定義されます。ただし、会社の組織戦略によってその定義も若干異なってくるので注意です。

◎CTO:テクノロジー戦略マネジメント。

ビジネス要件や目標に準じて、技術力を駆使した競争戦略を構築

◎CIO:ヒューマンマネジメント。

ビジネス要件や目標に準じて、社内のIT基盤整備のための人員採用と配置を遂行。

◎CMO:顧客市場(マーケティング)。

ビジネス要件や目標に準じて、販促マネジメント。

この3つのC職というのは、経営者視点をもち、その専門分野の知見を用いて、事業や組織を成長させていくというミッションを持ちます。つまり、いわゆるサービス開発マネジメントとは違い、「経営のKPI成長を守っていくひと」になります。そのような教育を受けた人材は、世の中のこれからをリードする人材要件として、必須になってきています。

優秀なテクノロジー人材のキャリアパスをどう構築するか

そして、現状における、エンジニアを中心としたテクノロジー人材のキャリアパス、いわゆる「出世フロー」をイメージをすると、このような図になります。例えば、CTOです。

ちなみに、VP※というのは、最近メジャーになってきたポジションです。CTOと比較すると以下のようになることを追加したいと思います。

※VP(VP of Engineering) とは

VP of Engineeringとは「開発マネジメントの最高責任者」になり、エンジニアチームを成功に導く、チームビルダー的な存在で、エンジニアの採用、育成や、CTOを初めとした社内上層メンバーとの連携をしていく管理職です。CTOがいない組織は、このVPがCTOの役割を追う(経営上のKPIを守る)ことも実際にあります。※あえてCTOとVPを分けない組織ももちろんあります。

 

キャリアパス構築に必要なカリキュラム・コンテンツを提供します

そして、現状における、エンジニアのキャリアパスを構築するために必要なキャリアコンテンツフレームを以下のように弊社は定義しています。

※当ページに記載するテキストおよび画像においては、許可無く転載・コピーを禁じます(著作権・版権があります)。

これらのフレームは、弊社代表みづからのキャリア(大学院を修了し、マーケティングサイエンティストおよびエンジニアからキャリアを開始し、CMO、CEOへの経験)を元に多くのクライアント企業様にサービスを提供してきた価値あるものからの実績であり、数値にしますと、実にのべ600事業の新規事業および成長牽引の現場でクライアント様との意見を交換しつつ、まとめ上げてきたものの外殻のパーツです。

 

これからをリードするテクノロジー人材になるあなた・企業の人材担当のかたへ
 

世界のデータをもとに語れば、CTO・CMO職などのC職に就くには、ある程度のプロジェクトや開発技術の修行期間を経験し、40代あたりで脂ののった仕事ができるのであろうということなのですが、それだけの時間がかかってきた背景としては、その実力を醸すためには、経営視点や事業統括観点の体験、知識構築もあり、そして、ヒューマンマネジメント=人の気持ちもわかる(交渉や調整、周囲のモチベーションを上げるができるコミュニケーション力も必要)ということなのだと弊社は考えます。

つまりが、そういうスペックの人材を企業は採用するか、じっくり育成していくことが必要になってきます。ただし、テックベンチャーも定着してきた今の時代、若くてもCTOやCMOにいやおうでも請け負う必要も多くなってきたのは確かです。資金を調達し、周囲からの期待を受け、急速にビジネスを立ち上げる企業においては、悠長な時間がないもの事実です。

これからのテクノロジー人材として、キャリアを構築されたいかた、人材を育成されたい方で、ご相談やご質問のある方は、ぜひ、当サイトよりお問い合わせください。

テクノロジー人材として、学びが多いことはご自身の自信にもなりますし、間違いなく今後活躍の場も広がります。また、エンジニアの育成カリキュラムがしっかりある企業様においても、これからの企業採用時の魅力にもつながるのかもしれません。テクノロジー人材は、常にどん欲に成長を求めている傾向のある人材だからです。

まずは、お気軽にお問合せを

お問合わせ

PAGETOP
Copyright © Yumekanau Co., Ltd. All Rights Reserved.